ホームボタン

FOOD

Scroll
朝日に包まれる店内

昨日とは違う
何かが始まる新しいに。

夜のロマンティックな店内

ロマンティックな
特別なはムーディーに。

訪れた時間で表情の変わる店。

南北に長い日本の中で亜寒帯に属する北海道では他の地域と比較して
とりわけ日照時間が短い。
それだけ1つの時間帯の見せる表情が短いのかもしれません。
窓を大きくとった店内は刻一刻と表情を変えてゆきます。

冬に差し掛かった秋の早朝。
なんでもない六月の昼下がり。
沈黙を守る夕方。
鳴り止まない夜。

STAY&COFFEEではその季節・時間に最適なメニューをご用意してあなたのご来店をお待ちしております。

空腹と“心”を満たすお食事を心ゆくまでご堪能ください。

モリヒコのモーニング

MORNING

07:00-10:00
いつもより贅沢な朝

1日の始まりがもし自分好みの朝食だったら。
それだけでなんだか今日はいい1日になりそう。
自分のご機嫌を手っ取り早くとるのに朝食ほど最適なものはそうはない。
思えば最近朝食は手を抜きがちだったかも。

チェックアウト前にちょっと早起きして食べる価値のある朝食がここにあります。

モリヒコのランチ

LUNCH

11:30-14:30
ロマンスと恋するランチ

食べ方は生き方。私は私の食べたものでできている。
なにかに必ず挟まれているランチ。午前と午後の境界線。
どうしようもなく幸福で、それでいて複雑で奥行きがある。

毎日だって味わいたい。
ランチと恋はどこか似ている。

STAY & COFFEEのランチは珈琲との相性も抜群。
是非、ドリンクセットでお召し上がりください。

モリヒコのアフタータイム

AFTER TIME

14:30-17:00
昼と夜の間に拡がる珈琲の世界

15時から始まるティータイムはヨーロッパの貴婦人にルーツをもつお昼と夜の間の優雅な時間。 本場英国ではその時間帯に相応しい飲み物とそれによく合う付け合せが用意されます。
当店ではこだわりの珈琲とそれによく合う軽食を。

もともとティータイムは大切な誰かをおもてなしし、時間を分かち合うためにあったのかもしれません。

貴族が始めたおもてなしのためのティータイム。
私たちも精一杯のおもてなしの心を胸に、あなたのために。
心ゆくまで珈琲の世界をお楽しみください。

モリヒコのディナー

DINNER

※現在ディナーの提供は行っておりません
眠れない夜の数だけ

どうしても眠れないとか。もう全部投げ出したいとか。
そんなことを言う大抵の人が抱える問題はお腹が空いているだけだったりする。

一日の最後の食事となるディナーは物語のエピローグ。
恋人と。家族と。友人と。上司と。
物語の結びにふさわしい誰と食べても楽しめるSTAY & COFFEEのオリジナルメニュー。美しい見た目はもちろん。香りからお楽しみいただけるようにこだわって作らせていただきます。

一日の最後の食事となるディナーは次章のプロローグ。
明日に繋がるシェフのこだわりの味。

STORE

    店内図

STAY & COFFEEのある日常

もしかしたらこの一皿が誰かの一日、一生を変えるかもしれない。
そんな想いでオーダーをいただいてから1品1品心を込めて作らせていただいています。

一人になりたい時に。
家族で過ごすある晴れた休日に。
少し疎遠になっていた友人との再会の場に。
大切なあの人との記念日に。

「STAY & COFFEEがあったな。」

私たちのことを思い出していただけたら。
あなたの人生の一つの選択肢となれたなら。

あなたの日常にSTAY & COFFEEを。

STAFF INTRODUCTION

キッチンスタッフ キッチンスタッフ キッチンスタッフ

YUTA

BIOGRAPHY

富良野市の人気製菓店での経験を経て、STAY & COFFEEをオープニングスタッフとして開業から支える最古参スタッフ。保有する資格にも裏付けられた確かな実力で次々と看板メニューを考案。
プライベートはキャンプや釣りなど多趣味で能動的。
誇れるPRポイントは体力と笑顔!
そんなYUTAの忘れられない一皿は“母の手料理”だとか。

COMENTS

当店では、北海道の食材を使用したオリジナル商品を多数ご用意しております。 ご宿泊の方はもちろん、近隣にお住まいの方の憩いの場にもなっており、スタッフとのコミュニケーションを楽しみに来てくださる方もいらっしゃいます。
ご注文のフードメニューをきっかけにキッチンスタッフとの交流も楽しんでいただけたら嬉しいです。 ご来店を心よりお待ちしております。